1. ホーム
  2. 事業内容

事業内容について

eラーニングに関するコンサルティング、制作、運用、保守

日本でもeラーニングが発展期を迎えつつあります。

ビジネス、教育、生活のあらゆるシーンでeラーニングがあたりまえに使われるようになるのももう間近でしょう。当社は、受講者にとって分かりやすい、かつクオリティの高いeラーニングコンテンツの制作を行ってきました。

eラーニングでこんなことができないかな?ということがありましたらお気軽にご相談ください

eラーニングに関するコンサルティング、制作、運用、保守

これまでの実績

株式会社ツムラ様
  • MR向けeラーニング教材『入門漢方医学』のコンテンツ制作
  • MR向けeラーニング教材『領域別疾患解説』シリーズのコンテンツ制作
  • ドクター向けeラーニング教材『エッセンシャル漢方医学』のコンテンツ制作
  • ドクター向け教材テキスト『エッセンシャル漢方医学』冊子の制作・発行
株式会社ツムラ様 コンテンツイメージ

漢方ICTソリューション事業

長らくICTとは無縁だった『漢方』の分野も、iCT活用により、ペーパーレス化、効率化、データ蓄積・分析が可能になってきました。

当社は、2010年6月に医師・薬剤師向けに漢方処方ナビゲーションiPhone/iPadアプリ『プロ漢方』を発売し、App Storeメディカル部門のトップセールスアプリとして広くご使用いただいております。また、漢方ICTソリューション第2弾として、2011年6月には国立大学附属病院和漢診療外来に『iPad漢方電子問診表・所見記録システム』を初めて納入し、漢方診療のICT化を推進しています。

更に2011年10月にはiOS版およびAndroid版の「腹証図解 漢方常用処方解説(高山宏世編著、通称:赤本)」の電子書籍アプリ『漢方赤本』をリリースし、2013年7月には「漢方問診表 for iPad(スタンダード版)」をリリースしています。

医師・薬剤師向け漢方処方ナビゲーションiPhone/iPadアプリ『プロ漢方』についてはこちらをご覧ください

iPad漢方電子問診表・所見記録(電子カルテ)システム』についてはこちらをご覧ください

『iOS版漢方赤本』についてはこちら、『Android版漢方赤本』についてはこちらをご覧ください。(外部のサイトへジャンプします。)

『漢方問診表 for iPad(スタンダード版)』についてはこちら(外部のサイトへジャンプします)、『漢方問診表 for iPad(プロ版)』についてはこちら(外部のサイトへジャンプします)、『漢方問診表 for iPadアプリ・サポートサイト』についてはこちらをご覧ください。

漢方ICTソリューション

セールスツールの企画、制作、導入教育

セールスパーソンの知識やスキルに左右されず、顧客へ均一なサービスを提供するためには、標準的なセールスツールの導入が必要です。

当社は、特に保険業界向けに特化してセールスツールの企画、制作から導入教育までを行ってきました。顧客満足度の向上、販売生産性向上とコンプライアンスの遵守のためのセールスツールをご検討中の企業の皆様はぜひ当社にご相談ください。

銀行保険窓販ソリューション『まどはん楽々サポーター』についてはこちらをご覧ください

セールスツールの企画、制作、導入教育

ジェロントロジー普及推進事業

今やわが国でもホームページは企業・病院・団体の重要な情報発信・マーケティング・ツールとなりました。しかし、ただ闇雲に掲載するコンテンツを増やすのではなく、お客さまに分かり易く整理されたコンテンツとアクセサビリティを考慮したサイト設計が重要です。
プロフェッショナルのデザイナーによる、内容にマッチしたページデザインとCMS・グループウェア機能を持つコミュニティ型ホームページがサイト訪問者との双方向のコミュニケーションを促進し、コミュニティの運営をサポートします。

主な機能:
1.非会員向けオープンスペースにて、会の概要案内、活動案内、会員募集を行う機能
2.会員向けスペースにて、会員向け連絡、会員登録、支部ごとの掲示板など会の運営をサポートする機能
3.各支部の担当が記事の投稿、承認、掲載を行う機能
4.回覧板、アンケート、動画配信、eラーニング、等の機能もモジュールの追加で対応可能

ジェロントロジー普及推進事業

ジェロントロジー普及推進事業

わが国では、2015年に4人に1人が65歳歳以上という世界一の超高齢社会が到来します。2012年からは団塊世代の約100万人が毎年65歳に到達することが明らかになっています。他国と比較してきわめて早いスピードで高齢化が進みます。

その年金や医療・介護に要する費用も多く、また寝たきりや痴呆の問題から、人口高齢化および高齢者問題は社会にとって大きな負担になると思われます。

しかし見方を変えれば、多少の病気があってもほとんどの高齢者は元気であり、その潜在能力は高いといえます。しかも就労意識は高く、規律もしっかりしており、高齢者の増加は一方では労働市場にとって喜ばしいことでもあります。このような前向きな考え方によって高齢化問題を解決しようというのがジェロントロジー(Gerontology 老年学)です。

当社は、日本応用老年学会LLPの事務局として、2008年9月よりジェロントロジーの知識と情報をベースにシニアビジネスを考え、新規事業、新技術開発の可能性を探る「シニアビジネス異業種研究会」をスタート。2011年度からはシニアビジネス異業種研究会を発展させ、「サクセスフル・エイジング・コミュニティみなと大学」をスタートしています。

ジェロントロジー普及推進事業

テクニカル・ドキュメンテーション事業

高度な専門知識を持つテクニカル・ライターが、発信すべき情報の企画・決定段階からサポート。科学技術分野、特に情報通信系・バイオ・医療・食品系については国内トップレベルのケイパビリティを有しています。

これまで実績のある分野・ドキュメントタイプは以下の通りです。

【取材を含む原稿執筆】

  • メーカー系(ビジネス系を含む)
  • バイオ・医療・食品系
  • 情報通信系
  • 機械・エレクトロニクス系
  • エネルギー・環境系
  • 建築系
  • 最先端科学技術全般

【企画・編集・制作】

  • 入社案内/会社案内/大学案内/冊子/PR誌等
  • 単行本/MOOK
  • e-Learning教材
  • Webページ
  • 調査・研究会
テクニカル・ドキュメンテーション事業

各種お問合せ

  • ご質問・ご相談や資料請求はこちら

運営サービス

  • まどはん楽々サポーター
  • プロ漢方
  • 漢方問診表 for iPadアプリ・サポート

メンバー紹介

  • オポチュニットのメンバーをイラストで紹介します。